第13回(2014年度)林業経済学会賞、同奨励賞、同学生論文賞

林業経済学会春季大会(北海道大学)において、第13回(2014年度)各賞の表彰式を執り行いました。
受賞者の皆さん、おめでとうございます。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

林業経済学会賞(学術賞)
興梠克久:業績の題名「林業経営体及び林業労働力に関する研究」
島本美保子:業績の題名「森林の持続可能性と国際貿易に関する研究」

林業経済学会奨励賞(奨励賞)
山下詠子:業績の題名「入会林野の変容と現代的意義」
本田裕子:業績の題名「野生動物との共生をめぐる住民意識とその経時的分析」
河合真之:業績の題名「地域発展戦略としての「緩やかな産業化」の可能性:インドネシア共和国東カリマンタン州を事例として」
嶋瀬拓也:業績の題名「わが国製材業の生産構造とその形成要因に関する研究」
都築伸行:業績の題名「森林組合の組織運営と事業展開に関する研究」
戸石七生:業績の題名「農山村家族史」

林業経済学会学生論文賞(学生論文賞)
馬 志遠:論文名「中国山西省における環境教育の先進事例―長治市淮海小学校の教材分析から―」
長坂健司:論文名「スウェーデンにおけるマツタケ林の費用便益分析」
平原 俊:論文名「都市林保全運動における市民のかかわりの変遷―鎌倉広町緑地を事例として―」
芳賀大地:論文名「都市近郊地域における林家の森林管理―栃木県茂木町T集落を事例に―」
早舩真智:論文名「第2次世界大戦後における日本の紙・板紙製品生産と消費原料の関係」
加藤恵里:論文名「野生動物による農作物被害への集落ぐるみの対策の課題―階層区分別にみた農家の認識から」


土屋会長と受賞者の皆さん

林業経済学会 The Japanese Forest Economic Society